剣の王国まとめ

comicoで連載中の漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

剣の王国「第34篇 絶望の足音」まとめ

 マストに登っていたアルフレドは、ズズンという衝撃音で、向こうの船の惨状に気がつく。
 今まさにドロテーアとパンチネロが吹き飛ばされたところだ。
 血だらけのドレスで横たわる彼女と、彼女の頭部で肝を潰すパンチネロ。

 あのドジ……!
 やられたのか?
 動かない……。
 どうする? いったん戻るか?
 いや、今ここから離れたら軍艦におびきよせたコイツまでついて来るかもしれない。
 そしたら俺たちの船が戦場になってしまう。

 ディンドンは未だに甲板の床を探し回っている。

 あのドジ……。
 服の血は敵兵のものか?
 流血してないから恐らくそうだろう。
 ただ、心停止していた場合、三分程度が救命限界か。

 アルフレドの動揺が、瞳の中に小さな反射を作る。

 容態を確認しなければ。
 でも、既に今死んでいるとしたら降りても無駄……。
 どうする……⁉︎

 ダンドンは、ドロテーアたちの元へ足を進め始めた。
 パンチネロは真剣な表情で彼女の容態を探る。

 おお良かった脈がある!
 でもやべえ、さっきの鬼人トロールまた近づいてきやがる。
 とどめを刺すつもりか。
 あのバカは何してる……!

 アルフレドの方に顔を向ける。
 ──よし! こっちに気がついてる。
「おーい! こっち来い!」
 羽を広げ合図を出す。
 ──ドジテーアが意識ぶっ飛んでるんだ。虫の息んなんだよ
 しかしアルフレドに動く気配はなく、ただジッとこちらを見下ろしている。
「おい、どうした、聞こえてんだろ……? アル……」
 彼はくるっと背を向け、マストから飛び降りて行ってしまった。
「は? あ…………の…………野郎」

 見捨てやがった

 ダンドンはズンズンと音を立て近く。
「あんなとこまで吹っ飛んでる〜」
 無邪気にして邪鬼。

 アルフレドは、自分を探し続けるディンドンの元へ降り立つ。

 気絶してるだけならまずはこっちだ。今は戻れない!
 鬼人トロールが間抜けコンビに到達するまでの時間は──
 約40秒。
 鬼人トロール二匹。
 まとめて消せばいい!

「おい賊を見つけたぞ」「ひっ捕らえろ」
 彼の元へ兵士が駆け寄ってくる。
「いつまで逃げ回るつもりだ」
 兵士の攻撃を短刀で受け、
「あばら二本」
 反対側のサーベルで兵士の肋骨部分を峰打ちする。
 兵士は床へ倒れ込んだ。
 ──いい発見だ
 続いて槍を持った兵士が迫ってくる。
「おおおおおおッ」
 アルフレドはジャンプでかわす。
 ──奴隷生活での入島者を捕獲してきた日々が
 空中から投げたサーベルが回転し、兵士の足に刺さる。
「ぐがッ」
 ──こんなにも活きるんなんて
 更に兵士が持っていた槍を足で踏み、攻撃を封じる。
「見つけたぁ」
 見ると、ディンドンがトゲ付きの鉄球を振り回している。
 ──闘える!
 アルフレドは、叩きつけられた鉄球を、バク転で回避する。

 一方パンチネロ。
 ──あーやばい来やがった
 ズンズン。
 鬼気迫る足音を立て、無邪気な鬼がやってくる。
「心配するなおドジ、あんなデカブツ、俺様が、ぶっ倒してやる……から……な……」
 彼は力尽き、気を失った。

 TO BE CONTINUED...

「剣の王国」作品ページ

「40秒で支度しな!」
剣の王国(つるぎのおうこく) | yoruhashi - comico(コミコ) マンガ