剣の王国まとめ

comicoで掲載されている漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

剣の王国 第24篇「最低の再会」まとめ


 アーカンザス領主の屋敷。
「グランピウス・グレーテ……。旧体制のトップの一人が我が領邦に潜伏していたとは。報告して下さった奥様の勇気ある行動に感服いたします」メガネをかけ、軍人のような服装の男が謝辞を述べる。
「当然の行いですわ、領主様。まさか主人が王国の反逆者だったなんて」
 対面にはドロテーアの継母と、両脇にはその娘二人がソファに腰掛けている。
「失礼ですが奥様、グランピウスとはどういうきっかけで?」
「(ねー今日ってダンスパーティじゃなかったの〜? お母様)」「(せっかくお気に入りのドレス着てきたのに)」娘たちからひそひそと不満がもれる。
 母親は構わず話を続ける。
「主人との再婚は7年前――」

 当時私は、酒癖の悪い前の夫から娘二人を連れて逃げていました
 そんな折、不思議な事ですがひとりのドワーフが私たち三人の生活の面倒をみると申し出てきました
 それが今の主人です
 再婚後、主人が銀でできた靴を床下に隠すのを何度か見かけました
 農場を持っているとはいえ、貧しい暮らしなのにあんなに高級そうな靴を持ってるなんて
 靴について尋ねると、「その話はするな」という
 それに、手配書を見て確信しました――
 旧五部族の一人が主人にそっくりでしたので
 あの靴も彼らに代々伝わる代物ではないかと
 勤勉で真面目な人かとばかり思っていましたが本性は極悪人、私との結婚は身元を偽装するためだったのです

「私も母親です」二人の娘を抱き寄せてみせる。「反逆者のところで大事な娘を育てていたと思うと恐ろしくて恐ろしくて」どこか胡散臭い笑みを浮かべた。

 その頃グランピウスは――
「単刀直入に聞くが、銀細工師の部族長、グランピウス・グレーテだな? 逃亡生活ご苦労さん。一緒に来てもうぜ」
 グランピウスは気構えを解く。
「どうやら言い逃れはできんらしい。久しぶりだな、ビーコート。元気そうで何よりだ」
「やっぱ本物か」ドードーはカマをかけていたらしい。ビーコートに視線を向けると彼は目を伏せ、悔しそうに歯を噛みしめていた。
「じゃあ賭けは俺の勝ちだな。この村で女探して来い。美人な」とドードー
「それだけはちょっと……切腹でお許し頂きたい」カチャン……と抜刀しかける。
切腹だったらいつでもできるだろ。誰得だよ」上着に袖を通しながら迷惑そうな表情を浮かべるドードー
 ビーコートは向き直った。「グランピウス殿……、またお目に掛かれる日が来ようとは。今まで貴方を方々探しましたが、見つけたのは偽物ばかりで、低脳の私はてっきりもう貴方がお亡くなりになったのかとばかり……、浅はかでした。どうか……どうか切腹でお許し頂きたい」カチャン……と抜
「アンタ、弟が6人いるだろ? しっかり断頭してやったよ。連中、お前の事は口を割らなかったからちょっとムカついたぜ。ま、お前も断頭されっけど。その前に『銀の靴』も潔く渡してくれると助かるんだが」
 グランピウスはレイピアをを抜いた。「たわけめ。『銀の靴』は遥か古に王より授かった我らが部族のSPELLスペル。非道な魔女にび、王国をむさぼるゴミ虫どもが、触っていい代物ではない!」ドードーに向かって突進する。
「上等だ小人ドワーフじじい!」ふところから何かを取り出そうとする。
 グランピウスが何かに勘付いた。
 ――‼︎ この男……実に厄介! 先程からかすかに感じていた違和感はあれか
 打ちつける鼓動。
 ――残忍極まりない。靴は渡せぬ。例え刺し違えてでも、殺す‼︎
 ふと、ドードーとの間にビーコートが立ちはだかり、グランピウスの剣を腕に受ける。
 意表を突かれるグランピウス。「ビーコート」
「えっあれ……お前やんの? まあいいけど。殺すなよ」
「了解しました。ドードー殿」
 ドードーは兵士に命じた。「おい下っ端ども、報告では『銀の靴』の隠し場所は自宅の床だ。5分以内に押収しろ」
「はっ」赤い制服の二人。
「グランピウス殿、貴方にはよく剣のご指導を賜りましたね……。昔は一撃も当てる事ができませんでしたが、今の老いた貴方ならSPELLスペルを持たない私でも斬れるでしょう」
 ――大変だ! ドロテーアが危ない
 話を聞いていたネズミが駆け出す。
「だから大人しく降伏して下さ……」腕を貫いていた剣が抜き取られる。
「阿保め。お前の弱さはSPELLスペルの有無ではない。相手の力量を計り違えるとは」
 グランピウスがザザっと下がり、間合いを取る。
 ビーコートは手を開閉させ調子を確認する。剣を抜き取られた腕から砂のようなものがサァァっと落ちていった。
 そういえば彼は出血していないのか。
「変わらんな、ビーコート」
「いいえ、変わりました」刀を抜き、「先日、最新式・・・改造・・したので」上段に構える。
「是非、今一度お手合わせ願います」
 いざ、推して参る!

 TO BE CONTINUED...

「剣の王国」作品ページ

改造とは一体……続きはぜひ本編で
剣の王国(つるぎのおうこく) | yoruhashi - comico(コミコ) マンガ