剣の王国まとめ

comicoで掲載されている漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

【剣の王国】引用・モチーフ#ジルコニアの章

ジルコニアの章」の出てくるモチーフまとめです。

【目次】

登場キャラクターの元ネタ

※登場順
ジルコニア・モルガン】

【イザナダ・ペンドラゴン】

アルフレド・ペンドラゴン】

【トト】

【メージ・グリフォン

【二番目の魔女】

【一番目の魔女】

作品別引用要素

アーサー王伝説(トマス・マロリー、他、中世後期)

◆ペンドラゴン

  • アーサー王伝説における「ペンドラゴン」という称号は、文献によってはアンブロシウス・アウレリアヌスに与えられたもので、彼の死後、弟であるユーサーに王位とともに受け継がれたとされる。(因みにユーサーは架空の人物だが、このアンブロシウス・アウレリアヌスは実在したらしい)
  • アーサー王伝説の古典の一つ、「ブリタニア列王史」では、サクソン人との戦争中だったある時、夜空を流れる巨大な彗星が現れ、それはまるで燃え盛る赤い竜のようであった。その後、勝利を収めたユーサーは、その彗星にちなんで「ペンドラゴン(=竜を統べる者)」の称号で讃えられた。

◆ユーサー・ペンドラゴン(wikipedia:ユーサー・ペンドラゴン)
【概要】

【エピソード】

  • ブリテンの南西部、コーンウォールという地域を治めていたゴルロイス公には、とても美しい妻がいた。妻の名はイグレイン。
  • 当時ユーサー王はこのイグレインに一目惚れし、コーンウォールに対し宣戦布告する事態にまで発展する。
  • しかしユーサーはゴルロイスとの戦争そっちのけで、魔法使いマーリンに頼んでゴルロイスに変身し、そうとは知らないイグレインと一夜を共にする。(その時の子がアーサーなわけだけど)
  • ゴルロイスは戦死し、ユーサーはまんまとイグレインを妻とした。(このど畜生が!)

【引用要素】

  • ジルコニアへの思いが強いあまり、アルフレドが容姿を変える

モーガン・ル・フェイ
【参考】

【概要】

  • アーサー王の異父姉で魔女。イグレインとゴルロイスとの間に産まれる。
  • 文献によって三姉妹の末娘だったり、九姉妹の長女だったり。
  • 九姉妹バージョンの彼女は伝説の島アヴァロンの統治者で、医術に長け、歌声が美しく、変身術を得意とする。

【引用要素】

  • 医術に長け→匿ってくれている村のために薬を調合する。
  • 歌声が美しく→不明。(でもジルコニアの声は美人声なイメージある、というかその系統の声優が起用されるんじゃないかな)
  • 変身術を得意とする→ふざけた変装してたなあ……。

オズの魔法使い(ライマン・フランク・ボーム、1900年)

【引用元キャラクター】

  • トト→主人公ドロシーの愛犬。
  • 臆病なライオン→ドロシーの愛犬トトを威嚇し、ドロシーに「臆病者!」と一蹴される。

【引用要素】

  • メージ・グリフォンvsトト。本家のトトとライオンはその後仲良くなったみたいだけど。

雪の女王(アンデルセン童話、1844年)

【参考】

【あらすじ】

  • 少年カイはある日、雪の女王に連れ去られる。
  • 女王が額にキスをするとカイは寒さを忘れ、2回目のキスでは幼馴染や故郷の事を忘れる。これ以上はカイが死んでしまうと女王は言う。
  • カイは女王の美しさに心を奪われ、自分が計算が得意なことや、物知りである事をアピールする。
  • 女王は夜な夜なカイを連れ空高く舞い上がり、森、湖、海、陸の上、あらゆる場所を飛び回わり、昼になるとカイは女王の足元で眠った。
  • 女王は、氷のパズルで「永遠」という文字を作ることができたら、自由の身にすることと、全ての世界をあげるとカイに言い、城を留守にする。
  • カイはどうしても「永遠」を作れずにいるうちに身体が凍りついてしまう。
  • そこへ幼馴染ゲルダが彼を探し出し、(以下アトラント編のモチーフまとめに記載)

【引用元キャラクター】

  • 雪の女王:すらりと背が高く、目がくらむほど白くて美しい。城にいる間は、凍った湖の中央に座る。凍った湖は幾千ものかけらで形成されていて、かけらの形は皆寸分違わず同じ。(氷の結晶ってことですかね)彼女はその空間を「理性の鏡」と呼び、世界でただ一つしかない素晴らしいものだと言う。
  • カイ:悪魔が作り出した鏡の破片が刺さったことにより、利己的な性格に変容する。雪の女王に連れ去られ、結果凍結する。幼馴染ゲルダに溶かされ元に戻る。

【引用要素】

  • 冷気のSPELLのモチーフ。
  • 45話タイトル「少年と氷の魔女」
  • 47話、事典の横にパズルのピースが転がっていて、アルフレドが遊んでいる様子を想起させる。
  • アルフレドを「理に基づいた世界」へと傾倒させる役割を負っている。

ウィキッド(ブロードウェイミュージカル、2003~)

【参考】

【あらすじ】

  • オズの魔法使い」の西の悪い魔女=エルファバにスポットを当てた物語。
  • 大学に通うエルファバは、グリンダと、ウィンキー王国の王子フィエロと友人関係になる。
  • オズ王国に招待され、動物排斥運動への誘い断ると、「悪い西の魔女(ウィキッド)」の汚名を着せられる。
  • 最終的に、グリンダと婚約中の身であるフィエロの元に逃げ込み、二人は駆け落ち。
  • 妹の危機を察知して駆けつけるが、妹は竜巻で飛んできたドロシーの家に潰されてしまう。
  • エルファバは「ウィキッド」として生きていくことを決め、グリンダに平和への意志を託す。
  • ドロシーに水をかけられ消えたエルファバ。しかし実は生きていて、フィエロと再会し、二人はオズの国を去った。

【引用元キャラクター】

  • エルファバ(主人公):緑色の肌が原因で周囲から奇異な目で見られる。のちに「ウィキッド」の汚名を着せられ逃亡を余儀なくされる。
  • グリンダ:エルファバのルームメイト。美人で明るく、民衆からも人気を集める
  • ネッサローズ:エルファバの妹。のちにマンチキンの統治者(つまり東の悪い魔女)となる。男への執着から国民に圧政を強いる。なんやかんやでエルファバに罪を着せる。

【引用要素】

  • 41話では、逃亡中、列車に乗り合わせたアルフレド母に、どこから来たのか聞かれてジルコニアは「マンチキンから」と答えています。

その他

◆「イザナダ」という名前の由来

  • アーサー王伝説」は、ウェールズの伝承という一面もあるんですが、ウェールズ語に「nahdau=父親」という言葉があります。これが「ナダ」の部分ではないかと。
  • だとすれば「イザ」の部分は何なんだということなんですが、「イーサー=イエス・キリスト」なんじゃないかなと思います。イエスには生物学上の父親がいませんよね。しかしアルフレドがペンドラゴンを名乗ったことにより、生物学上の父親ではないが、立ち位置的な父親になったと言えます。
  • あるいはやっぱり「アーサー」をもじったのか。

ハウルの動く城(スタジオジブリ、2004年)

  • ペンドラゴン→ハウルが使う偽名の一つ
  • ハウルって「美しくなければ生きる意味がない」的な事を言ってた気がするんですが、髪も染めていたりと、「容姿へのこだわりがアイデンティティですらある」、という部分が共通かなと思います。

魔法使いの弟子(wikipedia:魔法使いの弟子)
【あらすじ】

  • 雑用を言いつけられた弟子が、魔法で仕事を片付けようとする。
  • しかし未熟なので大惨事を引き起こし、帰ってきた師匠に怒られるという話。

【引用要素】

  • アルフレドが先走って、ジルの言いつけを守らない感じがそれっぽい

◆少年の魔法の角笛(wikipedia:少年魔法の角笛)

◆黒い森(シュヴァルツシルト)

  • ドイツに実在する森の名前

【引用要素】

青木ヶ原樹海

  • 富士山の麓に広がる森。
  • 磁場の影響で方位コンパスが意味をなさなくなる。
  • ゆえに一度迷い込んだら出られないといわれる。

【引用要素】

不思議の国のアリス(ルイス・キャロル、1865年)
【引用元キャラクター】

  • グリフォン:ライオンの下半身と鷲の上半身を持つ動物。女王に命じられ、アリスを、代用ウミガメのところまで運ぶ。

カーバンクル(wikipedia:カーバンクル(伝説の生物))

  • 未確認生物(UMA)。
  • 額に真紅の宝石を持ち、その宝石を手にしたものには富と名声を得る。
  • トトの変身姿のモデル。

魔女狩り(史実)
【概要】

  • 12世紀ヨーロッパでの異端審問に端を発し、ピークは16世紀から17世紀後半。
  • 魔女狩りにおける「魔女」の概念は、伝承やファンタジーにおける「魔法使い」とは異なり、黒魔術や悪魔と関連づけられ、人々に害をなす存在というイメージが作り上げられた。
  • この概念の浸透により、人々は不都合な出来事を魔女のせいにし、当時の社会不安から目をそらす志向にあった。これは魔女狩りを政治利用した結果と言える。とりわけ、規模の小さい領邦や、統治者が未熟な地域ほど社会不安が多く、魔女狩りが激化しやすかった。
  • また、宗教戦争においてもそれは利用され、敵対する宗派を告発し合っていた。(これこそ魔女狩りがピークを迎えた要因と言えそうです)
  • 魔女の嫌疑をかけられた者は、過酷なものだと投獄、処刑の場合は火あぶりや絞首刑が多かった。