剣の王国まとめ

comicoで連載中の漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

剣の王国「第8篇 乱入イベント」まとめ

「何のこと? 『パンチ』って……⁉︎」
「金魚のフンだよ。『フギン』と『ムニン』の」
「フギ……? むに……??? あの、私はどうしたら……?」
 アルフレドはカバンから青いリボンをポンと出して、ピッと引き延ばした。
何もするな・・・・・
「なにも⁇」
 そしてエアリエルとドロテーアの手を掴み、自分の手ごとぐるぐるリボンを巻き付けた。
「何これ⁇ 何を巻いてるの? 何、このリボン……」
「いいか、絶対に音を立てるな」
 そう言ってドロテーアの手を引き、腰をトンとはたいた。
失敗しくったらもう一度吊るすぞ、今度はさっきの連中と一緒にな」
「ええ……っ⁉︎ ちょっと! ちゃんと説明して!」
 戸惑う暇もなく、ドロテーアは後ろ手に引っ張られ、彼の背後へと移動させられた。
 すると自分の足がス……っと消えはじめる。
「‼︎⁉︎ 体が……消えてく⁉︎」

 そこへやって来たるは三羽の赤い鳥と歌を歌う鶏。
「ア〜アア〜ン♪ シャバダバダ♪ ア〜アア〜ア〜ン♪」
 自分で飛ぶことができない鶏は、紐で吊って運んでもらっているようだ。
「スウィングしてるか〜〜お前ら〜♪」
「パンチさんさすがっス!」「美声っス!」「耳が幸せっス!」
 赤い鳥たちが口々に彼を讃える。
「ありがとう、ありがとう諸君。そうこの俺様こそ、いずれブーメレンの音楽隊になる鶏『パンチネロ』様だ」
 部屋へ入ってくるなり、すべからくはじまったリサイタルに、アルフレドは大きなため息をつき、真実を告げる。
「音痴」
「黙れクソ野郎コラッ!!! ちゃんと働けテメエッ、まだ上陸した奴ら全員捕まえてねえだろがッ!」
「上陸した人数は六人っス。男を三人捕獲してるのは確認したっス」
東海岸の難破船に男が二人残ってるっス」
「んん〜⁉︎ 変だな。数が合わないなあ。それにさっき俺様の絶対音感が女の悲鳴を聞いた気がするんだがな〜⁉︎」
 素知らぬ顔でやりすごす。
「でもさっきから妙に女臭いんだよなあ。……臭え、臭えぞアルフレド、なあ……」
 そう言いながらアルフレドに近付き、背後を確認する。
「気のせいか」
「…………‼︎」
 アルフレドの後ろでは、透明になったドロテーアが必死に口を押さえ、しゃがみこんでいた。
 ──私の事見えないんだ! すごい……!
「ああそうだった。まだお前に話があるんだったよアルフレド。お前……、最近ちょっとさあ、調子に乗りすぎだわ」
 突然手下の一羽が四角い鉄の籠を落としてきた。
 アルフレドは、ドロテーアの方に籠がいかないよう顔で受け止め、しかしバランスを崩し後ろへ倒れ込んでしまう。
 本棚とアルフレドに挟まれ「ふ、ふが⁉︎」と声を出してしまうが、ガシャアンという大きな音にかき消された。
 ──ケージが顔に……! だ、大丈夫……⁉︎
 アルフレドの肩をぎゅっと握ってしまう。
 うつむいた彼からはポタポタと血が滴り落ちる。
「おいアルフレド……、このケージには何が入ってたか分かるな? 二、三週間前に漂着したあの小人族ピグマイオイの親子だよ。今日のランチにする予定だったんだぞ。なあ、分かるか? 楽しみを奪われた俺様の気持ち! お前な〜、何逃げられてんだよ〜、ただじゃおかねえからな〜」
 顔を歪めながら血を拭うアルフレドに、パンチは言った。
「このクソ奴隷が!」

 TO BE CONTINUED...

「剣の王国」作品ページ

それはお前の小物臭だよ。
剣の王国(つるぎのおうこく) | yoruhashi - comico(コミコ) マンガ