剣の王国まとめ

comicoで連載中の漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

剣の王国「第2篇 そうすればエメラルドに」まとめ

 目がさめるとドロテーアは下着姿で吊るされていた。靴は脱がされていない。片方だけだけど。
 彼女を吊るしている天井のはりがギィィと音を出した。
 状況が飲み込めないドロテーア。
「……⁉︎」
 ちゅうぶらりんじゃないか私は。
「な、え……?」
 部屋には人の気配が無く、隅の方にドロテーアの剣が立てかけられている。船で船員に取られたものだ。部屋には本が溢れていて、書類もいっぱい散らかっている。
「ここは一体どこ……⁉︎」
 ドロテーアは突然「出なきゃ」と言いながら部屋の壁を銀の靴で蹴りはじめる。
「とにかく、此処ここから……」
 しかし簡単には届かない。
「あと五ミリ……ッ」
 彼女が一心不乱に動くたびに天井もギィギィ音を立てる。
「『竜巻のステップ』……」
 どうやら蹴りが成功したようで、部屋の中に風が巻き起こり、本や書類が飛びはじめる。
 これが彼女のSPELLスペルのようだ。
「こっちよ、エアリエル!」
 彼女がそう呼び込むと「エアリエル」と名付けられた剣が勢いよく飛びだし、そして彼女を吊るしている縄を貫いた。
「やった」と喜ぶのもつかの間、当然ながらドロテーアは床にドサっと落ちた。
「いたた……」
 体勢を起こすと、ヒラヒラと書類が顔に被さってくる。何だこれ。
「……ヒヨス3グラオン、マンドレイク8グラオン、アヘン7グラオン……毒草ばっかじゃない、変なレシピ。本だらけだし、何だかまるで……魔女の家みたい」
 窓辺には、液体漬けにされたリンゴが置かれている。
「毒でも入ってたりして」
 しばらく窓の外を眺める。
「……船に戻らなきゃ、ひとばん、ふたばん我慢するだけよ。そうすれば首都エメラルドに、そうすれば……そうすれば…………」
 窓から顔を出すとそこは木の上だった。森の中の木の上に建てられた家。木と木の間を、風が通り抜けて行く。
 ドロテーアはしゃがみ込んで、声を殺していた。
「……っ…………ふぅう……っ」
 いくら殺そうとしてもそれはぽろぽろと出てくる。
「……ぐっ……外に……外に出なきゃ、外に…………」
 しばらく泣いていたドロテーアは、ふと自分の恰好に気付く。
「──‼︎⁉︎」
 そう、彼女は下着姿。
「わ、私、いつからこんな恰好……」
 するとまたしてもどこからか声が聞こえてくる。
「『ド……ロ……テーア、17歳のお誕生日おめでとう』」
「‼‼︎︎」
 信じがたい光景にドロテーアは絶句する。
 反響音を伴ったその声の主はヒラヒラと浮かぶドレスで、そのドレスが誕生日カードを読み上げているのだ。
 何を言っているのかわからないと思うが、とにかく今まで自分が着ていたドレスがふわふわと浮かび出して彼女に話しかけているのだ。
「ふーん、あなたドロテーアっていうの?」

 TO BE CONTINUED...

「剣の王国」作品ページ

序篇と第1篇は一度リメイクされている関係で、この作品における最初期の作画はこの第2篇ということになります。ぜひ。
剣の王国(つるぎのおうこく) | yoruhashi - comico(コミコ) マンガ