剣の王国まとめ

comicoで連載中の漫画「剣の王国」のまとめです。作品振り返りにどうぞ。

剣の王国「第1篇 テンペスト(リメイク)」まとめ

 とある島。
「南東から船が来るよ、アルフレド。こっちに寄せる?」
 アルフレドの隣で、ふよふよと宙に浮かぶリンゴがそう言葉を発する。
「ああ、頼む」
 島の大きな木の上から船体を確認する。
「船の大きさからして乗員は十人前後だろう。全員縛り上げるぞ」
「オッケー〜」と喋るリンゴは降りていった。
 アルフレドは立ち上がり、その海の先を見つめる。あの日から、もう随分と成長した。
「今日こそこの島を出る。『白兎のジョーカー』、絶対に殺してやるからな」

 海の様子は、先程よりも随分と荒れてきている。南東より来たるは調査船ノーティラス号。この船が向かおうとしている島について、航海士はいささか疑念を抱いていた。
 あんな所に島があるものなのか、それに地図にも載ってない。上陸はやめたほうがいいと進言するが、船長は聞く耳を持たない。
「伝説のアトラント遺跡の手がかりを捨てて上陸しない? 愚問だな」
 探検家ネモ・トンプソン。野心家で、上流階級アッパーゆえなのか、なんだか高慢。
 航海士はため息をつく。さっきから潮の流れがどうも変だ。あの島に引き寄せられている気がする。嫌な予感がするぞ……。
「トンプソン船長! 倉庫に女が隠れてたぜ」
 髪の長い女が船長の前に引きづり出され、所持していた剣も没収される。
「あの私、ドロテーアと申します! こっそり忍び込んでごめんなさい! でも私、早く王都に……エメラルドに行かなくちゃいけないんです」
 差し迫った様子で訴えるが、そう容易く許してくれそうもない。焦ったドロテーアは労働を申し出るが、やる気アピールしたさにモップを振り回し水の入ったバケツをひっくり返し船員をびしょ濡れにさせてしまう。
 いよいよ海に落とされそうになり、彼女は「何でもします!」と口走ってしまう。それは取引においては禁句。彼女は船長から「女なりの払い方」を要求され、船員たちからは「世間知らず」「ド素人」と見下げられてしまった。
 島へ上陸するやいなや、船長は二手に分かれることを指示し、航海士を連れてさっさと行ってしまった。
「行くぞ! ゴンザーロ」
 ドロテーアは残りの船員と四人で森を進む。よくよく彼女の足元を見ると、なぜか片方は銀の靴で、もう片方は木をくり抜いた靴を履いていた。
 この森の木は、みな幹が太く、赤々とした果実が成っている。
 ここは本当に古代都市アトラントなのか。いやあれは沈んだ呪いの島。何やら女の霊が出るらしいと、船員たちはドロテーアを怖がらせる。舟守ふなもりの部族である彼らの間では、有名な話なんだそうな。
 この四人のやり取りを、アルフレドと喋るリンゴが高い木の上から伺っていた。
 ドロテーアはその後も船長の件をからかわれ、怒って一人どんどんと先を進むが、心なしか周囲が薄気味悪い。船員たちも、やっつけ仕事を終わらせるかとばかりに歩きはじめた。
 するとどこからか不気味な声が響いてきた。
「揺らすよ……」
 みな一様に足を止める。
 女の声。ドロテーアが疑われるが、必死に否定する。
「赤い実が熟れてるよ……揺らして、落として……」
 私じゃないと叫ぶドロテーア。だとすればこれは、
「女の霊だ‼︎」
 船員が叫ぶ。
 ふとドロテーアの髪を結っていたリボンがほどけ、彼女が悲鳴をあげる。
「今誰かが私の髪を触った‼︎」
 そして次の瞬間、彼女の足元には細い光の筋が網状に張り巡らされた。
 ──巨人の尾紐ガリバー・ニール
 アルフレドによるSPELLスペルが発動し、捕縛ほばく作戦が開始されたのだ。
 その光る筋はまるで紐のようにドロテーアの体を縛り上げ、彼女はついに足がもつれて地面に倒れてしまう。木の靴も脱げてしまった。
 ドロテーアは他の三人に助けを求めようとするも、みな血相を変えて逃げ出した。
「えっそんな……待って、お願い置いて行かないで‼︎」
 涙をにじませるドロテーアの元に、木の上からアルフレドが飛び降りて来る。そして彼女の頭を押さえ込む。
 痛い離してと頼むドロテーアを他所に、アルフレドは逃げた三人を目視し、光の紐を彼らめがけて放った。
 絡まる紐。一人はつまづき地面に体を打ち付け気を失う。
 もう一人は銃を突きつけてきたが、飛んできたリンゴが手に当たり、銃を落とす。その隙にアルフレドに組み倒され、みぞおちにパンチをくらい、気絶した。
 最後の一人は走って逃げるも、頭上からいくつものリンゴが落下してきて足止めを食らう。アルフレドは男から一切目を離さず、背中から矢を抜き取り、弓を構えた。
「ほっ、ちょっ……待てよおい」
 容赦なく矢は放たれる。
「死にたくな」
 迫り来る矢先が男の瞳に反射する。
 射抜かれたのは、落ちてきたリンゴと彼が頭に巻いていたヘアバンドだった。すでに男は気を失っている。
「やれやれ、今回もド素人か」
 初めて口を開いたアルフレドを、ほうけた表情で見上げるドロテーア。みんな倒してしまった。
 アルフレドは刺さっていた矢を回収する。
「あ、あの私達ここを荒らすつもりじゃないんです」
 ザッザッと地面を鳴らしこちらへ近づいてくるアルフレド
「敵じゃな……」
 彼は聞く耳を持たずといった様子でおもむろにカバンを開け、中から折りたたんだ布と瓶を取り出した。
「え」
 そしてドロテーアの目の前で瓶の中身を布に染み込ませる。
 ドロテーアは、彼の意図を察し、顔を硬ばらせる。
「いや、やめて、ん‼︎」
 彼女は押さえつけられるようにその布で口を塞がれ、しばらくバタバタともがいていたが、やがて静かになった。

 TO BE CONTINUDE...

「剣の王国」作品ページ

ドロテーアのやる気アピールをぜひ本編で
剣の王国(つるぎのおうこく) | yoruhashi - comico(コミコ) マンガ